一軒家を買うために必要なものは?安定した収入か頭金があれば住宅ローンは組めます

一軒家を買うには何が必要なのか?

答えは簡単で「安定した収入」もしくは「頭金」のどちらかです。

実は案外安定した収入があればそこまで苦労する事なく買うことは出来ます、マジで。

スポンサードリンク

安定した収入とは?

果てしなく大雑把にまとめると、ちゃんとした企業に就職していて3年間ほど働いていればまぁ住宅ローンは組めないことはないって事です。

安定した収入=とりあえず正社員、って所かなと。出来れば公務員だったりしたら最高ですよね。

ただ知人で20代中盤の女性で、そんなエリートでもなく年収300万円ちょっとぐらいでも普通に住宅ローンを組めていたので、信用さえあればそこそこの年収で全然組めるのかも知れません。

今回言っている「安定した収入」ってのは、本当にそこそこの収入で問題ないでしょう。3年間300万円以上があれば良いのではないでしょうか?たぶん。

自営業だと高めの収入が必要になる

結局これだけで「自営業だと高めの収入が必須」って事になってしまいます。

自営業は基本的に信用がありません。

実際に僕自身が個人事業主(自営業)で苦労したので、これは本当に言えます。

ただ収入がある程度あれば個人事業主でも別に住宅ローンを組むことは出来ます。

頭金があればローンの金額を下げられる

当然の話しですが、頭金があれば住宅ローンの金額を下げる事が出来ます。

年収が低くても、信用が低くても実は一千万円とちょっとぐらいは普通に借りれたりします。

住宅って本当にピンキリでして、二千万円で買えるところも結構あるんですよ。

極端な話しですが、頭金が一千万円もあれば、二千万円の住宅なら一千万円の住宅ローンでいけちゃいます。

一千万円の住宅ローンなら20年で返すなら月額4万ちょいですからね、35年なら2万5千円で済みます。それなら大して負担にもなりません。

この「頭金で住宅ローンの金額を下げる」ってのは「住宅ローンを組めるかどうかわからない」って人には凄く心強い味方になります。

年収が低い人には頭金があった方が良い

「自営業だから」などの特殊な理由で住宅ローンを組めるか不安な人は別として、基本的に年収が低くて「家を買えるか不安」って人は、まず頭金を貯めないと話になりません。

その上でそこそこ安い物件を探せばかなり楽に生活が出来るはずです。

家の立地条件に絶対的なこだわりがない人はこういう物件を探すのはホントにありだと思います。

売れ残っている建売住宅なら結構安くなることはあります、色々な物件がどうなっていくかよく見てますが少なくとも500万円ぐらい下がるのはよくある話しです。

物件によっては本当に2000万円ぐらいで売られている所もあります。実際に見に行って「ここで2千万円なら良いじゃん」って思った所もありました。

もちろん逆に「コレなら売れんわ」と強く思う所もあります。

大なり小なりそりゃ「他の所に比べると微妙」って所であるのは事実ですが、もしお金がない場合はそういう物件を狙うのはホントにありです。

月々の支払いが凄く安くなる

住宅ローンが2000万円で35年払いにした場合、月の支払いがたったの5万円とかになります。もちろんそこで頭金とかあればもっと安く出来るので、この「安い物件を狙う」ってのは本当にありです。

繰り返しますがこれで更に頭金があれば凄い事になりますよねと。もしくは頭金に入れなくても、元手があれば住宅ローン控除がある間はローンを持っておいて、何年か経ったら一括で全部支払っても良いわけですから…(笑)

そういう意味でも頭金があるのは非常に心強い状態と言えます。

スポンサードリンク

マイナス金利のうちに買う方が良さげ

どうしても今は日本は不況なので、住宅ローンもかなり甘くなってます。

何十年も前は住宅ローン金利なんて5%とかそういう時代だったようですが、今は銀行で0.5~0.7%などで、フラット35などを使って2%とかの時代です。

個人的にはフラット35はあまり使うべきではないと思ってます…銀行なら金利が安いので住宅ローンを組んでもそこまでの負担にはなりません。でもフラット35だとかなりの金額になるのでかなり微妙。

それならまだ諦めて賃貸でいる方がベターかなと…。

そういう意味で「生活に余裕を持てるなら」住宅ローンを組んで家を買うのは全然ありです。

無理をしてまで買う必要はない

ただ念のために伝えておくと、無理をしてまで一軒家を買う必要はないと僕は感じてます。

実際に買えた経験としては「確かに良い買い物をした」と言えるんですけど、それは僕がある程度のリサーチをして、立地条件にほぼ100%満足しているからです。

家の構造などには不満はありますが、最悪それは自分がもっと稼いでからリフォームすれば良いと思っているので…。

特に自然災害などの不安がない場所に家を買えたことはホントに満足しています。ここなら台風が来ても怖くないなと、以前は大きな川に囲まれていたので、常に「川が氾濫したら家も流されるし死ぬね」って状態で常にいたので…。

そんな場所に借金してまで家を買うのは僕はベターだとは主ません。

特にここ数年の日本では水害が頻繁に起きているので、これらへの対処は必須でしょう。立地条件には「水害が起きるかどうか」もしっかり確認しておきたい所です。

それも含めて無理をしない範囲で買う事を本当にオススメします。無理して借金して、家が災害で流されたりしたら本当に笑えないので…。

特によく聞く「住宅ローン破産」なんてものにならないように、余裕のある返済計画を作れる状態になってから動くのも大事でしょう。

ってわけである程度の慎重さが必要なのも事実なのですが、個人的には一軒家を買うために必要なものはこれだけかなと「安定した収入」「頭金」このどっちかがあれば普通に買えちゃいます。

正にそこそこの出費で家を買えるようにするのが住宅ローンなので…。

ってわけで、本当に実際に動いてみると「そんな簡単に買えるんか」ってビックリすると思います。2000万円の住宅ローンを銀行で組めたら、今時は本当に月額5万ちょいとかですからね…それなら賃貸に支払うよりマシかも知れませんよねと…恐ろしいッス…。