家を買うまでに費やした時間は?夫婦間での相談や物件やモデルルーム比較で約1年間は勉強期間を設けました

投稿日:

住宅

家を買う時に皆さんはどれぐらいの時間が必要だと思いますか?

僕自身が家を購入するまでに、モデルルームや建売物件を実際に見に行った回数は普通に10回を遥かに超えています。

それはもう単純に「比較対象がないと良し悪しがわからないから」と言う僕の勝手な信念によるものです。ブログで色々な商品を紹介している事もあり、僕は物を買う事が多く、その度に「比較は本当に大事」と常に実感しています。

それは家を購入する時も一緒で、注文住宅でハウスメーカーのモデルルームや、モデルルームがたくさんあるハウジングセンターなどにも複数箇所で足を運んでいます。

スポンサードリンク

比較をしないと良し悪しがわからない

僕自身が最初に「家が欲しい」と感じたのは、諸事情でハウジングセンターの近くに行った際に時間つぶしで寄った時からです。

全館空調システムを見て「窓を締め切って24時間換気を利用して、全館空調システムを利用すれば花粉も入らないしハウスダスト対策にもなる」と紹介された事がきっかけでした。

ですがそこで僕は「この全館空調システムのデメリットとメリットはなんぞや」と帰宅してからネットで検索しまくって、ある程度の情報を得ておいたんです。

んでまぁ大なり小なりは当然見えてくるわけで、そもそもの「空調が通っているダクトの掃除が出来ない」って点を見て「あ、これヤバイな」と感じました。

ただのエアコンですら1~2年で専門家に徹底的に掃除してもらわないとダメなので、そういう通気口のようなダクトの掃除が出来ないのはかなり痛いなと。

それで他のハウスメーカーはどうなのかと、色々なメーカーを見て回ったんです。そこで事ある毎に「ハウスダスト対策ってあります?」って聞いてたんですね。

その結果「24時間換気はどこにでもついている」って事がわかったので、僕は全館空調へのこだわりを捨てました。

色々見た結果わかる情報が沢山あった

色々なハウスメーカーを見て「ここは◯◯に強い」的な特徴が全部出てくるわけで、それを全部まとめて全部の資料を並べて、帰宅してからずっと妻と相談を続ける形になりました。

僕は最初は注文住宅での全館空調にこだわりましたが、調べていくうちに「別に24時間換気があるのだから、後は普通のエアコンの方がメンテナンスが楽」という結論に至りました。

そうやって比較する事で僕も妻もどのハウスメーカーが良いのを大雑把に把握していきました。そしてある程度の注文住宅の情報を把握して、実際にハウスメーカーに話を聞きに行ったりもしました。

注文住宅を把握してから建売物件を見に行った

僕等は注文住宅のクオリティと予算をある程度把握してから建売物件を見る事にしたんです。

そこで気付いてしまったのが「あまり大差が無い」と言う嬉しいような悲しいような事実でした。

大差はないわりに、予算は2000万円近く変わってくるので「これはちょっと…」と僕の心が折れたわけです。

妻は最初から建売派、僕がこだわりたくて注文派だったんですが、すぐに僕が切り替えて結局建売派になっていった感じです。

ただそれもやはり「総てを見たから」全体的に比較して検討をする余裕が出来たって事です。

スポンサードリンク

業界全体で見ないと判断は出来ない

結局建築業界全体で見ないと判断は出来ません。

僕は一応過去に施工側にいたので「こういう事がある」ってのは大体わかってはいたんですね…(笑)

ただ業界から離れて結構経っていたので「今はこんな感じ」ってのを把握するためにも色々な物件を見て、色々な会社を見たのは凄く大きかったです。

最初から何も考えずに注文住宅を選択していたら、恐らく今より2000万円以上は使っていたと思います。

妻に「安い金額でローンを抑えて余裕を持って生きれた方が嬉しい」って言われたのも大きかったです。

まぁ確かに家にそんなに金をかけてもなぁ…とは思いました。それよりも外食したり、旅行する余裕を残す方が大事だなーと。

たくさんの物件を見る事で冷静になる

いざ「家を買う」となるとちょっと舞い上がります、本当に(笑)

なんか「これぐらいお金かけても良いよね!」って気分になっちゃうんですよ。多少無理しても良いよな的な。

ダメです、ハッキリ言って無理にお金をかけるのは得策じゃない。家にはそこまでの価値はないと思います。

「ローン控除があるから」「アパートがもう嫌だから」「家賃と大差ないから」的な理由があるなら全然良いとは思います。僕はローン控除が目当てです(笑)

何度も資料を家に持ち帰って夫婦で話し合うこで意見をすり合わせるのも大事ですし、そこで「これは本当に必要か?」ってのを確認して欲しいです。

僕等の場合は最初は「注文か建売か」で意見が合わなかったのですり合わせをずっとしてました。喧嘩はしませんでしたが「うーん、でもさぁ」をお互いにずっと続ける感じでしたね。

スポンサードリンク

総ての要素を散々比較して夫婦が納得してから本格的に動こう

僕等は夫婦揃って慎重派なので散々比較して検討して、何度も色々なハウスメーカーを見に行って、実際に建売物件を見て、また注文住宅の完成品を見せてもらったり、モデルルームを見たり、本当に「家」って意味では何十軒も見ました。

その上で夫婦でたくさん相談して、お互いに徐々に妥協をしたり譲歩したりして、その上で買う家を決めました。

それでも大なり小なり「あーこれはこうするべきだったかなぁ…」って後悔は出てきます。

費やした時間は約1年になる

最終的に建売物件を購入しているわけですが、それでも僕等が費やした時間は1年間です。

1年間ずっとあーでもないこーでもない言ってました(笑)

予算はもちろん、住む場所もそうですし、学校がどうなのかとか、地域性がどうなのかとか、注文か建売か、それらの判断材料を集めるのに半年以上は必要になりました(笑)

更に「じゃあ建売でこのあたりに買おう!」って思っても、実際に自分が気に入る立地で、更に気にいる建物が必要になるので、これが出て来るのを待つ必要もありました。

本当にかなりの時間を費やしました。

でもそれぐらい慎重になるべきだと思います。

そうでないと一生後悔する可能性があるわけなので…どの買い物よりも僕は慎重になりました…。

お互いに遺恨を残さないようにするために相談も重ねましたしね。

ってわけで少なくとも「僕等は1年間は勉強期間が必要になりました」って話しでした。

こんなもんは個人差があるとは思いますが、それぐらい慎重になって損はないと僕は思いますよ!

関連記事

建売一軒家の物件を約一千万円近く安く買う簡単な方法…値下がり物件を気長に待って下がった瞬間に買える準備をしよう

建売住宅の場合、実は格安で購入する方法がある事をご存知でしょうか? 凄く簡単に言うと「値下がりするのを待つ」手です。 これで運が良ければ実際の金額から1/3ぐらいの金額で購入する事が可能になりますよ! ...

家を買って転校になる時は引越し先の学校の状況を先に調べよう…小学校低学年ならすぐ馴染むかも?

家を購入した際に引っ越しをしたわけなんで、その結果子供が学校を転校する事になってしまいました。 友人・知人・家族全員に「大丈夫か?」って最も心配されたのがこの「子供の転校」でした。 すぐに3年生に上が ...

最初はとりあえずスーモで相談すれば良いって話…家の買い方も価格も総て相談できます

マイホームが欲しいな…と思ったのは良いんですが、一軒家を購入する際に最初にやるべき事が何もわからなかったので、とりあえず僕がやってみた事を書いていきたいと思います。 僕自身本当に右も左も何もわからない ...

ハウジングセンターや建売物件を見て回って色々な家を見学しよう…注文と建売の違いがわかりやすくなります

マイホームが欲しいと思ったら真っ先にやって欲しい事が一つあります。 それは「ひたすらモデルルームを見て回る」というものです。 決してすぐに買う必要はなく、まずはモデルルームを見て回る方が良い。実際に僕 ...

不動産の営業の対応が悪かったら別の窓口を探そう…良い営業と悪い営業の見分け方

不動産の営業によって対応が大きく異なる事をご存知でしょうか? 僕自身は一軒家を購入するまでに色々な物件を見て、色々な営業を見てきました。 酷い営業に当たった事もありますし、真摯に対応してくれる営業に当 ...

Copyright© 住宅ローン・一戸建て売却体験談ブログ 家売買 , 2018 AllRights Reserved.