住宅ローン控除を使えば税金を抑えられるので利息分をペイ出来るよって話…そこそこ年収が高いほど有利になる

そもそも僕が家を買おうと思ったのは「住宅ローン控除」の存在を知ったからでした。

これはそこそこの所得がある人なら絶対に使った方が良い制度でして、これのおかげで僕は家を買う決心をしました。

果てしなく大雑把に言うと、住宅ローンの金額に応じて新居に住み始めてから10年間、税金が控除される(戻って来る)という制度です。

細かい話が長々あるんですが、これがあるだけでぶっちゃけ住宅ローンの金利をかなり減らせる計算になるわけなんですよ。家を買うなら絶対に知っておいた方が良い制度です。

これがなかったら僕は家は買ってなかったと思います、ケチなんで。

スポンサードリンク

住宅ローンが使える条件

まず大雑把にまとめていきます。

  • 自分が住む家である事
  • 購入してから6ヶ月以内に住み、各年12月31日まで住んでいる事(住民票で判断)
  • 住宅ローンの返済期間が10年以上である事
  • 住宅の床面積が50平方メートル以上であり、その半分以上が居住用である事(事業用だとダメ)
  • 年間所得が3,000万円以下である事
  • 長期譲渡所得の課税の特例などを受けていない事

多少漏れているかも知れませんが、これが条件となります。細かい説明は国税庁のサイトに書いてあります。凄くわかりづらいけど…(笑)

住宅を新築又は新築住宅を取得した場合(住宅借入金等特別控除)

控除額のシミュレーターもある

価格.comのサイトには住宅ローン控除金額のシミュレーターもあります。

計算が面倒な人は実際に自分に必要な住宅ローン金額と年収、そして金利を入力して調べてみて下さい。

http://kakaku.com/housing-loan/koujo_simulation.asp

年収やローンの金額によりますが、かなりの金額の控除を受ける事が可能になります。僕も年間で数十万円の控除を受ける事が出来る計算になっていました。

ただこれ気をつけて欲しいのは、あくまで残っている住宅ローンの金額によって控除額が変動すると言う点です。

早目に一括返済するのとどちらがお得か

僕自身、住宅ローンを組む前にそこそこの貯蓄を持っていました。って言うかこのために貯めてました。

その結果、最初に頭金としてぶっ込むか、それともどこかで一括返済をする方が良いのか、それとも住宅ローン控除を受けた方が良いのか、どれがお得なのか考えるタイミングがありました。

僕は面倒なので税理士に「よくわからんから計算お願いしまぁ~す!」と丸投げしたんですが、丸投げした結果「たぶん控除受けた方が良いです」って言われたので、貯めてある貯金は住宅ローン返済用の通帳にぶっ込んであります。

何年かはお金を入れなくても支払わなくても良いようにしてあるから安心ですし、年間で数十万円の税金の控除も受けられるので、それが最もベターって判断ですね。

控除は10年しか受けられない

ですが住宅ローン控除は10年間しか受けられません。

年収によって控除がお得か、一括返済で減らした方がお得かは別れますが、そこそこの税金を支払っている人は、住宅ローン控除はかなり自分にとって有利になる制度ではあります。

まぁぶっちゃけてしまうと、10年間の間にドカンとお金を貯めておいて、11年を過ぎてちょっとした辺りで一括返済しちゃえばそれで良いんじゃないかなと…ただ10年目が過ぎた瞬間に一括返済できちゃうと「お前元々支払えたんだろ?控除分は返してね❤」って言われる可能性もあるそうなので、そこは注意です…(笑)

スポンサードリンク

申請は自分でやる必要がある

常に確定申告を自分でやっている人はついでにやるだけの話ですし、税理士を雇っている人は税理士に「( `・∀・´)ノヨロシク」と言えばそれで済みますが、会社員の人はそうもいきません。

僕自身も税理士に全部丸投げしているので、さっぱりわかりません…そもそも会社員の年末調整とかどうなってるのかも知りませんし…会社員経験が乏しすぎる…(笑)

個人的には「わからないなら税理士にお願いしてみては?」ってのが本音です。結構な時間取られると思いますこういう役所関係は…。

上記した国税庁のサイトにやり方も書いてあるんですが、僕は一見しただけで読む気が失せるレベルでした、堅苦しい…。(笑)

ちなみに大雑把に見てもこれらが必要です。

  • 確定申告書(税務署)
  • 住宅借入金等特別控除額の計算明細書(税務署)
  • 住民票の写し(市町村の役場)
  • 建物・土地の登記事項証明書(法務局)
  • 建物・土地の不動産売買契約書(家を買う時にもらう)
  • 源泉徴収票(勤務先からもらう)
  • 住宅ローン残高証明書(ローンを組んでる金融機関からもらう)

最低でもこれらが必要になります。ちなみにこれらの手続きは家を買った際に不動産屋から色々と書類をもらえるので、その中に書いてあります。また不動産の営業も色々と手を貸してくれるので「よくわからんのやけど」と連絡すれば教えてくれます(笑)

僕は家を購入した不動産の営業とは今も連絡取って色々とやってもらってます…(笑)

そこそこ年収がある人ほど有利な制度

年収が3,000万円を超えてしまうと使えませんが、恐らく会社員でここまである人はそういないと思いますし、自営業の場合は「そもそも法人化しろよ」って話なので、大半の人が使える制度だと思います。

ただ年収が300万円ぐらいだと、あんまり控除の額がないのでなんか損になる気がせんでもありませんが…。

ある程度の年収…たぶん3000万円のローンを組むなら500万円以上の年収があるなら、結構有利に働くと思います。700万円ぐらいならたぶんお得になる気がします…たぶん…(笑)

ただ結局頑張りすぎて年収が3,000万円を超えたら使えないので…まぁ逆にそこまで行ったら「さっさと返済しちゃえよ」って話なんだと思いますが…(笑)

ちなみに日本には住宅ローン控除だけでなく、様々な控除が存在するのでちゃんと調べた方が良いです。調べるのが面倒な人は税理士でも雇う方が良いでしょうね。

実際に色々ありますからね、生命保険料控除とかね…。それらはファイナンシャルプランナーに任せた方が早いけど…。