ハウジングセンターや建売物件を見て回って色々な家を見学しよう…注文と建売の違いがわかりやすくなります

マイホームが欲しいと思ったら真っ先にやって欲しい事が一つあります。

それは「ひたすらモデルルームを見て回る」というものです。

決してすぐに買う必要はなく、まずはモデルルームを見て回る方が良い。実際に僕もめちゃくちゃ見て回りました。

理由は単純明快で「どういう家があるのか」「本当に家が欲しいのか」それを実感するためだけに見て回りました。

スポンサードリンク

ハウジングセンターなどは注文住宅ばかり

名古屋以外も「ハウジングセンター」と呼ぶのかは不明ですが、ああいう「モデルルームが集まっている場所」の大半は、実は注文住宅ばかりになります。

また注文住宅な上に、モデルルームは実際にの家と作りがかなり異なってしまいます。

打ち合わせが出来る事務所スペースがあったりするし、家自体もかなり大きくなっているので「実際に建てられる家とサイズ感が違う」のです。

そのため、全く参考にならない事も多々あります。

実際に僕がモデルルームに行った際に持った感想がそれで「これを建てようとしたらいくらになるの?」って聞くと、トンデモナイ豪邸になるので、建てるだけで3~4千万円が必要って話でした。土地も含めると6~7千万円必要だったりするわけで…。

はっきり言ってそのレベルの建物なんて参考になりません。実際に買えるとしたらせいぜい3~4千万円なわけなので…豪邸でも欲しいなら注文住宅のモデルルームも参考になりますが、それ以外の参考にはなりません。

それでも最初はハウジングセンターなどのモデルルームを見て歩くのがオススメ、何故なら「豪邸ならこれぐらい」と思って見れば結構参考になるからです。

24時間換気を知ったのはハウジングセンターで

僕が最初に「これ良いな」と思ったのはハウジングセンターで、某高級ハウスメーカーの全館空調と24時間換気を見てからでした。

全館空調は一つの大きなエアコンを使って全部屋の温度をコントロールするというもので、それ+24時間換気でハウスダストアレルギーなどを持っている人に快適な空間を与える…というものでした。

ハウスメーカー自体が「ハウスダストアレルギー対策」を全面に打ち出していたので、僕が興味を持ったきっかけはすべてこのハウスメーカー様のせいです(笑)

このように「これ良いな」と思うものがあれば、それを追いかけるのも手です。

ですが僕は結局この大手ハウスメーカーを選択していません。それは様々な家を見て回ったからです。

複数のハウジングセンターを回ってから建売を見に行った

複数のハウジングセンターを見て回って「めぼしい所は全部見た」と判断してから、僕は土地を探してとりあえずその土地近辺の建売物件を見に行くようになりました。

実はその目当ての土地近辺の注文住宅も実際に見に行ってから、建売物件を見に行ったんですが、そこで衝撃的な出来事があったんです。

建物の質が大差ないんだなこれが…(笑)

複数の注文住宅のモデルルームを見て、安いハウスメーカーのモデルルーム、または実際に建てた建物を見せてもらい、最終的に建売物件を見に行った際の結論がこれでした。

「職人の腕次第なので、注文住宅でも結構ハズレがある。だけど注文住宅の方が1~2千万円ぐらい高い」

名古屋近辺だと、建売は大雑把に2~3千万円前後ですが、注文だと4~6千万円前後の予算が必要でした。

ちょっと田舎に行けば本当に2千万円以下の建売物件だってありました、実際に見てみるとそこまでクオリティは低くなく「この一点だけが問題かなー」ってぐらいの問題点があるぐらいでした。

もしその問題点を許容出来たら、2千万円以下で新築の一軒家で帰るわけで、それは凄いなと感じたわけですよ…注文住宅だと5千万円以上だと言われたのに…。

そこで「建売も結構良くない?」と思ったわけです。

スポンサードリンク

建売も大半は気に入らなかったが稀に良い物件があった

僕はわがままなので「これが欲しい」「これがないのは嫌だ」と言う条件が結構細かくなりました。

いくつかの条件をリストアップして、その上で8割は満たしていないと絶対買わない…と決めて妻と娘を連れて色々と回りました。

途中からは娘も「家見るのめんどい」って言い出して付いてこなくなったので(笑)最終的には妻と二人で見て回って、最終的に娘に見せて「ここでも良い?」って確認して購入した感じ。

建売住宅の最大の欠点はやはり「間取りがき混ている」点なので、その点で気に入るかどうかで判断しました。

また「間取りが気に入らない」と思った物件も、一応見学にだけは行きました。その結果「図面で見ると微妙だと、実物は結構良い」なんて思う物件も多々あったのも事実です。

全部合計するとどれだけの家を見たかわかりません、100軒は行ってないとは思いますが、ハウジングセンターを含めるとそれに近いレベルでモデルハウスやモデルルームなどを見に行きました。

その上で「土地・家・値段」のすべてを加味して選択するようにしました。

一般人は建売住宅で十分だと思う

実際に一般人は建売住宅で十分だと思います。

この記事でも書きましたが、完成品が見れる事も大きい。注文住宅は結局「こんなつもりじゃなかった」と思う事が多々あります。

僕の元々の家が実際に注文住宅で「こんなはずじゃなかった」案件だったので、それは本当に思います…。

だから「お金が余っている」「住宅ローンも余裕で返せる」レベルの収入がある人でもない限りは、色々な物件を見た上での建売住宅がベターだと個人的には感じました。

もちろん、注文住宅や建売住宅を沢山見て回った上で「それでも注文住宅が良い」と思ったら、そのまま注文住宅を選択すれば良いと思います。

スポンサードリンク

注文住宅が良いならスーモに相談するのがオススメ

個人的には注文住宅を選択するのならば、とりあえずスーモに相談に行く事をオススメします。

僕自身も最初は「注文以外は嫌だ!」と思ってスーモに話を持っていったんですが、本当に親身に相談に乗ってくれましたし、色々なハウスメーカーを紹介していただきました。

そこで「こういう営業さんがいるのか」「こうやって家を買うのか」「資金はこれぐらい必要なのか」と色々な情報を仕入れていきました。

建売物件が良いと思っていたとしても、一度は相談してみて色々な話を聞く事を個人的にはオススメします。

もちろん一度こういう所で話をすると、その後ずっと資料が送られてきますけどね…まぁそれは勉強代と思えば良いんじゃないでしょうか…(笑)