住宅ローンの返済期間はできるだけ長く設定した方が安心って話…その上で早く返せるように貯蓄しよう

住宅ローンを組む際に最も気をつけるべき点は「月額は可能な限り抑えた方が良い」という点です。

これを間違えて「少しでも利子を少なくしよう」として返済期間を短くしてしまうと、生活を圧迫する危険性があるので注意してください。

僕は最初から10年で住宅ローンを返済するつもりでいますが、それでも35年ローンで住宅ローンを組んでいます。その理由を今回紹介します。

スポンサードリンク

返済期間を長くした方が月額が安い

僕の場合は3000万円の住宅ローンを組んでいますが、これを10年で返そうと思うと月額が跳ね上がってしまいます。

大雑把に金利を0.5%で計算するとこうなります。

なんと毎月256,354円です。わかりやすく書くと25万円ですね。

これを35年ローンにするとこうなります。

77,875円ですね。約8万円となるのです。これだけの金額の差が出ます。

返済期間を長くしても一括支払いが可能

住宅ローンは一括支払いが可能になっています。そしてある程度の金額の住宅ローンを組んでいると、ローン控除をもらう事が出来ます。

ローン控除は住宅ローンを組んでいる金額によって帰ってくる金額が異なります。あくまでローンに大して1%で、最大10年間で400万円まで返ってくる制度です。

ローン控除がある時点で、別に急いで元金を減らす必要はないんです。住宅ローンの残金があればあるだけローン控除が入るわけなので、大体の人が利子より多く戻ってきます。

そしてその間にお金を溜めておいて、どこかで一括支払いをすれば良いだけの話なんですよ。

スポンサードリンク

返済期間を長くする事で生活に余裕が持てる

例えばですが、毎月25万円の支払いがあるとかなり生活を圧迫されますが、約8万円になればかなりゆとりが出ます。

それこそ住宅ローンの返済分で、普段使いの口座とは別に貯金を毎月貯めておきますよね。もちろん気持ち的にだけ、毎月25万円支払っているつもりで25万円づつ貯めても良いんですよ。

んでもし何か大変な事があった時、お金が必要になった時、最悪その口座から引き出せば良い。本来は住宅ローンを支払うだけの口座かも知れませんが、それだけで生活にゆとりが出来るんですよね。

そしてもしその「いざと言う時」が来なければそのまま口座に貯めていき、溜まったら一括支払いしちゃえば良いんです。ちなみに僕は住宅ローン用の口座は分けてて、そこに貯めてます。

これだけで随分生活に余裕が持てると思うんですよ。住宅ローン控除が10年で切れるので、10年以内に返すつもりのペースで貯蓄だけしておいて、実際にもし必要になったらちょっとぐらいは使っても良いわけですよね。本来は35年ペースで返すものなので…(笑)

もちろん10年で返すつもりのペースで貯蓄する必要は本来ありません。それぐらい「利子を支払いたくない」って思ってる人はやれば良い。

20年ペースで貯蓄しても良いわけです。ちなみに3000万円で金利0.5%での20年ペースは月額13万円です。13万円なら結構行けそうな気がしてきますよね(笑)

住宅ローンを組むのは35年をベースにする方がオススメ

人生何があるか本当にわかりません。収入も確実に保てたり上がるかの確証はありませんよね。

だから無理な住宅ローンを絶対に組んじゃいけません。仮に2000万円しか借りないから…と思って20年返済にしちゃうと、同じ条件でも毎月の支払額が約9万円になっちゃいます。

これが35年ローンにすると月額5万円です、安いですね。

もちろん長く借りれば借りるほど利子が追加されるのは間違いありません。だから短い期間で返すのがベター。最高なのは10年以内に返しちゃう事ですよね。

でもそこまで一気に稼ぐ事が出来れば良いけど、稼げないならゆっくりペースでの返済で全然問題ないんですよ。最悪35年間フルで支払っても生活にゆとりが持てるなら良いじゃないですか。

だから僕は住宅ローンは35年ローンにする事をオススメします。もちろん銀行側に「この金額で35年はダメでしょ」って突っ込まれたらダメですけど…(笑)

組めるなら返済期間は長ければ長いほどゆとりを持てるので、それは良いと思います。いざという時の備えに絶対なりますから。

スポンサードリンク

短い期間で組んだつもりで貯めれば良いだけ

これに関しては本当に最優先にして、真っ先に収入が入ったら口座から抜いちゃう事をオススメします。僕も毎月色々な支払いがあるんですけど、真っ先に住宅ローンの分は抜いちゃいます。

そうでないと僕は無駄な買い物をするので…どうしてもゲームとか買っちゃうからね…(笑)

少しでも口座からお金を引いておけば「あれ?お金ないじゃん、無駄遣いはやめるか」ってなるので、最初から無いものにしちゃうと良いですよー本当にオススメです。

知らない間に別の口座に結構溜まってまるからこれやってると、実は僕はこれは家を買う約1年前からやってました。

その甲斐あって結構溜まってたりもしたので、個人的にはこういう戦法ありだと思います。

また毎月の返済額は抑える事が出来ているので、そういう意味でも気は楽ですよね。ぶっちゃけると「今すぐ何かあっても、何年かの支払いはもう出来るぐらい溜まってる」って安堵感があるんですよ。

もちろんそこで貯蓄を止めたら意味がないんですけども(笑)

ただ最悪の事態に対する対策は出来ているので、また収入事情を立て直す時間が数年間の猶予を持てるってのも大きいんです。

死ぬ気で働けば数年あればある程度の改善は出来ますからね…!!死ぬ気で働けばね!(笑)

ってわけで、いざという時に備えて住宅ローンの返済期間は長めに設定しよう!って話でした。