新築一戸建てを買うなら現金はいくら必要か?できれば300万円以上はあった方が安心

投稿日:

お金

「新築一戸建てが欲しい!」って思った時に、結局どれぐらいのお金が必要なのか、実際にわかっている人の方が少ないと思います。

そこで今回は実際に購入した際にどれぐらいの金額が必要だったのか、大雑把に紹介したいと思います。

建売物件だとしても表示されている価格よりプラスでかなり金額が必要だと覚えておきましょう。

ちなみにこれはあくまで「住宅ローンを組んで買う場合」です。現金一括支払いが出来る人は話が別です(笑)

スポンサードリンク

表示価格より最低でも300万円は必要

これは実際に不動産などに行けば言われる事ですが、実は表示されている価格よりプラスで300万円が必要です。

これらは「諸経費」です。

大雑把に言うとこれらが必要になります。

  • 仲介手数料
  • 印紙代(色々と複数)
  • 登記費用(なんか色々と)
  • ローン手数料
  • 火災保険料
  • 固定資産税精算金

他にも色々ありますが、大雑把に言うとこれらがあります。

これらは実は節約する場所は節約する事が可能です。

仲介手数料とか火災保険とかは、業者によって値段は異なりますし、火災保険に関しては立地条件などによって条件も異なるので、これはかなり変わります。

ただ大雑把に、なおかつ念のために300万円は使うと試算するようにしているとの事、実際に僕もかなり減らしてた気がします。200万円も要らんかった気がする…たぶん。

家具やオプションでかなり使う

僕の場合は家具を全部新しいものに買い替えたのと、更に一部リフォームもしています。

LANケーブルの一位置を変えるための軽いリフォームや、猫扉をつけたり、仕事部屋に鍵をつけたり、どうしても「こだわりを実現したい」と思うと追加料金が必要になります。

もちろんこれも不動産との交渉で値引きは出来ますけどね。

それでも僕は家具とリフォーム関係で、合計すると200~300万円は使っています。結構かかりました…ハイ…。

スポンサードリンク

諸経費も住宅ローンに組み込む事は可能

ただしこれらは職業や年収で大きく左右されるので注意。

ある程度の年収があり、安定した職業に就いていて信頼がある場合は、住宅ローンに諸経費も組み込む事は可能で、ある程度のキャッシュをほとんど無しで購入する事は地味に可能です。

実際に僕も住宅ローンに諸経費は含めてもらっています。だから実際にキャッシュとして必要だったのは家具代ぐらいですね。

「まぁ高くても100万円だろ」と思ってたら、こだわった結果もっと増えましたけどね…かなり使いましたお金…。

新婚だったり「新しい家だから新しい家具が欲しい」って人は結構な金額が家具だけで吹っ飛ぶ事を考えておく事も必要だと思います。

実際に必要な費用はプラス500万円と思った方が良い

つまり「建売住宅を買うとしても」実際に必要な金額はプラス500万円はあると思った方がベターです。

もちろんこれは念のために多く見ています。

実際には家具とかオプションに大きなお金をかけなければ200万円もあれば十分かも知れません。

ですが家具関係でも色々と必須なものが出てきます。

カーテンレールや網戸がついてない建売物件はかなり多いですし、他にも家に合わせてソファやテーブルや椅子やベッドなども必要になるでしょう。

もしかしたら冷蔵庫や洗濯機も、家のサイズによって買い替えも必要かも知れません。実際に僕等もサイズの問題で買い替えたものもありますし、先に寸法を測って「そこに入るものを」買った形になります。

それらの事を考えると500万円は余裕を見た方がベターって事になります。

スポンサードリンク

頭金を含めると1千万円は要るかも?

頭金をどれだけ必要とするかは、これもまた人次第だと思います。

収入がある程度あるなら、頭金をなしにしてローン控除をもらった方が結構お得になるので、それもまたベターです。

逆に「毎月の支払いが不安」って人の場合は頭金をある程度払わないと毎月の支払い金額が増えて大変になるかも知れません。

大雑把にシミュレーターでやると「3000万円を35年ローン」という条件で、利率を0.5%にすると毎月の返済額が「7万7000円」になりました。

これを2500万円にすると6万4000円まで引き下げる事が出来ます。更に2000万円にすると毎月5万1000円と、かなりお得感を覚える金額になりました。

頭金があればあるほど、支払いは楽になります。個人的にはボーナス払いは含めない方が良いとは思ってます。貯まった時に一括支払いで十分でしょう…たぶん…僕はそう思いました…そもそもボーナス無いし…(笑)

300~1000万円ほど手持ちがあるとベター

カッツカツで300万円で、余裕を持って1000万円を貯めてから新築一戸建てを購入する方がベターだと個人的には感じました。

また繰り返しますが、ある程度信頼があって「諸経費も住宅ローンに組み込める」場合は、後は家具だけの話なので本当に100万円もあれば買えるとも思います。

ただ人によっては「全額ローンを組めない人もいる」わけなんですよ。

そして住宅ローンに関しては「やってみないといくら組めるかはわからない」状態になるので…結局出たとこ勝負になるのが正直な所です…実際に僕もそうでしたしね…。

買えるかわからなくてもとりあえず動くのも手

完全に僕がそれでしたが「大して貯金もないけど、とりあえず動いてみよう!」と動いた結果、なんだかんだ一年ぐらいで家を買う事は出来ました。

それも「全く知識がない状態からスタート」したわけなので、適当に始めてみても全然問題ないと思います。

結局「ここが良い!」と思って、そこで住宅ローンの審査を通してみないとなんとも言えないのが住宅ローンの恐ろしい所です…。

ってわけで、ほしいと思ったらとりあえず動いてみて、どれぐらいローンが組めるか試してみるのも手だと個人的には思いますよ~!!

僕は個人事業主に過ぎませんが、それでもなんだかんだ住宅ローンを組む事は出来たので、とりあえずやってみるの大事です。

ただまぁ借金持ちになるので、日々の生活は怖くなりますけどね!!(笑)

関連記事

一軒家を買って引っ越す際の挨拶はどこまで行くべきか…前後左右で隣接している家に行けば良い

一軒家を購入して引っ越した際に、引越し祝いはどうすれば良いのか?これ結構悩みますよね、僕も最初わかりませんでした。 これ実はシンプルでして、ぶっちゃけ両隣と向かい三軒に行けば十分です。合計で約8軒です ...

住宅ローンを組むなら個人事業主より会社員の方が圧倒的に有利だよって話…審査の通りやすさが違う

家を購入する時に最大の障壁になるのが「住宅ローン」ですが、今回は職業についての話をしたいと思います。 僕自身は住宅ローンでちょっと苦労しました、理由は簡単で「僕が個人事業主だから」です。 個人事業主な ...

マイホームを買おうと思ったきっかけは24時間換気とロボット掃除機の存在だった

マイホームを買うさいのきっかけが人によってあるとは思いますが、僕にとっては「24時間換気」と「ロボット掃除機」の存在でした。 それに繋がる大きな理由として「自分がハウスダストアレルギーと喘息に悩まされ ...

新築建売住宅の定期点検が来る前に知っておいて欲しい事まとめ…実際に来た際に色々と注文してみました

建売を購入してから半年以上が経過しているので、無料点検の時期が来てやってもらいました。 実は僕はそれまでに色々なアラを見つけておいたので、それについて全部突っ込んでみたので、今回はその結果どうなったか ...

Copyright© 住宅ローン・一戸建て売却体験談ブログ 家売買 , 2018 AllRights Reserved.