ハザードマップポータルサイトで自然災害が多い地域かどうかをチェックしてから立地条件は決めよう

家を購入する際に気をつけたい事の一つに「ここは災害時に安心か?」という問題があります。

これに関しては僕が以前住んでいた所が「以前に災害に巻き込まれた事がある」からこそよけいに感じた事でした。

昨今の日本では特に「水害」が猛威をふるっています。それらについても考慮して家を購入する事をオススメします。

せっかく家を買っても災害でぶっ壊されても嫌ですし、それで自分や家族が命を落とすのはもっと嫌ですからね…。

スポンサードリンク

ハザードマップで即座にチェック出来る

最近は便利なもので国土交通省ハザードマップポータルサイトで全部チェック出来ます。

国土交通省ハザードマップポータルサイト

完璧にわかるわけではありませんが「こういう災害の危険がある」という場所は一発で調べる事が出来ます。

せっかく新居を購入するなら、災害の危険性がない所を選択したい所です。

元々僕の家が災害に巻き込まれる地域だった

僕自身が以前住んでいた所はもろに水害を食らう地域でした。

東海大豪雨の時も、あとほんの少し何かが違えば家も何もかも流されていたかも知れません。そういう地域に僕は住んでいました。

そういう経験があるので「水害などで怯える必要がない地域が良い」と言うのが実は第一条件でした。

ハザードマップでしっかり調べて、土砂災害はもちろん、洪水も津波も問題ない地域を僕は選択しました。

自然災害で家が壊れる事だけは避けたかったからです。その時に家にいて死ぬのも御免でした。

台風や大雨が来る度に不安があった

もちろん規模にもよりますが、台風や大雨が来る度に「また大洪水になったらどうしよう」って不安や心配が常にありました。

でも今住んでいる所はそういう問題が一切ない所なので…もちろん大地震とか来たら一発死亡の可能性はありますが、さすがにそれはもうどこに住んでても一緒なので…(笑)

この台風や大雨などの天災で大きな被害を受けそうな所でわざわざ家を買おうとは思わなかったんですよね。

この不安を解消出来たのも個人的には非常に大きかったと思ってます。

スポンサードリンク

水害は特に注意しよう

僕は毎年もうなんかどこかしらで水害が発生しているイメージです。

だから水害に関しては特に注意をしましょう。ハザードマップを見て、特に津波よりも洪水被害ですね。

洪水被害は台風でも大雨でも確実にあるので、津波被害よりも確実に頻度が高いです。

津波も来たら恐ろしいのはよくわかりますが、あれはさすがに頻度が低すぎるので…もちろん南海トラフ地震などの可能性を一応考慮すると、津波が来ないに越した事はありません。

なんだかんだ言って僕もそこは考慮に入れた上で立地条件は選んでいます。

ですが最大の問題は大雨と洪水被害、もちろん土砂災害の問題もありますがこれらを考慮して立地条件を選択しましょう。

駅や店などの距離は当然として

当たり前ですが、駅を頻繁に利用するなら駅に近い方が良いでしょうし、スーパーや飲食店などに近い所が良いならそういうのも考慮した上で立地条件は選択する必要があります。

この「駅・店までの距離」は、車を多く利用するのか、駅を多く利用するのかなどによって条件は異なるので、自分が最優先にするべきだと感じた事を選択すれば良いですよね。

僕は全部必須だと思うわがまま野郎なので、全部をトータルで考えた上での選択をしました。

その結果ちょっと駅からは遠くなりましたが、その分色々と利便性は増しているのでまぁ良いかなと…(笑)

お店や駅についても考慮した方が良いのはもちろんですが、自然災害時に不安がある方が僕は本当に嫌だったので…。

ある程度便利に使える立地条件かつ、ほぼ自然災害が起きないような場所を選択したつもりです。

これらについてはハザードマップやGoogle Mapsで地形などを見れば大雑把には判断出来るので、ちゃんと確認してから立地条件は選択しましょう!!

ただ地崩れなどについては、ちょっとわかりづらいので注意しましょう。実際に土地を見に行けばわかりやすいとは思うので、それも込みで下見は大事ですよ。