注文住宅はお金持ち以外にはオススメ出来ない理由…売却時に「これじゃ売れない」とハッキリ言われました

投稿日:

家と設計図

注文住宅を売却しようとしたら、まさかの「個性的過ぎてこのままだと売れない」とまでハッキリ言われてしまいました。

今回お伝えしたいのは「注文住宅はお金がない人には微妙」って話しです。

何故なら家を購入した以上「売却をする可能性」を考慮した方が絶対に良いからです。その際に大してお金が残らないのはちょっと痛すぎます。

実際に僕がそれを経験しているので、その経験についてシェアしたいと思います。

スポンサードリンク

こだわりが詰まった注文住宅だった

僕が住んでいた家が、父親のこだわりが詰まった注文住宅でした。

そりゃもう「なんでこんな形になってんだ?」と今思えばめちゃくちゃ疑問になるレベルの非常に個性的な家です。

注文住宅はそういうものですよね。購入者のこだわりがしっかり詰まった夢のマイホームです。

もちろんそこに一生住むつもりで買うわけなので、本人に合った家を作ってしまうのが一番でしょう。ですが今回みたいに子供が引き継いだ場合は話が全く異なってきます。

作った本人がいないとただのゴミ

ハッキリ言いますが、作った本人がいなくなればただのゴミです。

あくまで父親の趣味全開で、父親が住みやすいように作られた個性的な家なので、僕からすると「なんでこんな作りなんだよこの家」って話になるわけです…。

この「本人のこだわりは他人から見ればただのゴミ」って事を実際に売却する時にも実感してしまいました。

査定してもらったら不動産屋さんが困ってしまった

最初は「これぐらいにはなるでしょ!」って話をしてた不動産屋さんですが、実際に中を見ればみるほど困り始めてしまいました。

最初は「色々とリフォームしないと厳しいかも知れません、その分ちょっと利益が落ちるかも知れませんがよろしくお願いします」と元気よく話してくれていたんですが、徐々に「これはヤバイぞ」って話になってしまいました。

結局「このままだと売り物にならないので、潰す方が良さげ」って話になってしまいました…。

家の状態があまり良くなかったのもそうですが、何よりも前に「個性的過ぎてこれはヤバイ」が最初に来てしまいました。そしてリフォームしようにも、木造ではなく鉄骨なので「予算がヤバイ」って話になったのと「作りがヤバ過ぎてあんまりイジると壊れそう」って話にもなってしまいました。

独特な作りになりすぎた結果、下手に動かせなくなっちゃってるって事ですね…。

スポンサードリンク

売る時に値段に差が出る

鉄骨住宅と木造住宅では、鉄骨で作った住宅の方が高いんです。また不動産の価値も鉄骨の方が下がりづらいんですが、それが全部無駄になった感じです。

家を売る事は絶対にあります。

親が建てた家だと…注文住宅だとよけいですね。親の趣味趣向が全開になっているので、何かしら不満点とかは出てきます。

妻も「人が建てた家だからなんか嫌だ」って事はずっと言ってましたしね…僕自身もそれはありました「僕の家だ」って気が一切しないんですよ。

無駄に固定資産税だけ支払って、このまま修繕費を必要とするぐらいなら手放した方が良いなって今回思ったんですが、想像以上に安くなってしまって本当にげんなりしました…(笑)

注文住宅は高いし売りづらいし微妙

当然ながらその「こだわりが理解される方向」ならまだ良いんですけど、明らかにおかしな作りにしてしまうと、今回の僕みたいな悲劇が起きます…(笑)

また大雑把に色々な家を見て、色々な注文住宅の予算を見せてもらったんですが、僕の結論はこうでした。

ほんの少しの違いで値段が1000~2000万円ぐらい必要になる。

例えばですが、家のサイズはほぼ一緒なんですが「ちょっと倉庫みたいなものがある」「ちょっと家主のこだわりがある」これだけで建売だと3000万円で買える家が、4000~5000万円ぐらいになっていました。

「ちょっとしたこだわりに数千万円」ってのが注文住宅への正直な感想でした。そして別に作っている職人の腕も大して良くない所もあって、それでゲンナリしてしまったんです…。

僕自身が最初は「絶対注文住宅じゃないと嫌だ!」って思ってたんですが…最終的には「本当に止めて良かった」と心から感じているぐらいですから。

売る時も世間の需要とマッチせずに大した値段がつかず、更に買う時も1~2千万円高くなるわけなので、そういう意味でも僕は注文住宅は貧乏人にはオススメしません。

注文住宅はお金にめちゃくちゃ余裕があって、高く売れなくても良くて、自分のこだわりに1~2千万円を注いでも後悔がない人が買うべきものなのです。

スポンサードリンク

ただし元々土地がある人は別

ただこれだけ最後に補足させて欲しいんですが「元々土地を持っている」って人は別です!(笑)

その場合は建築費だけで済むので、注文住宅でも2千万円もあればそれなりの家は建てられると思います。土地がない場合が大変でね…。

でも結局自由に作れる注文住宅は、色々と無駄に追加工事を入れてしまい、更に値段が跳ね上がる事が多いそうなので注意です。

ちなみに建売住宅でも、僕は追加工事を入れてしまいまして、ちょっと値段が上がりました…(笑)

お金持ちじゃない場合は建売の方がベター

繰り返しますが、僕はお金持ちでない限り、そして家に異常なほどのこだわりがない限りは建売の方がベターだと思っています。

ただ一生に一度の買い物なので「それでもどうしても注文住宅が良い!」と言い切れる人の場合は、そちらの方が良いって思います。

だってどうせならね、自分が信じた道で後悔した方が良いじゃないですか…(笑)

今回はあくまで「売るときにも足かせになる可能性があるので、貧乏人に注文住宅はオススメしない」って話でした。

冒頭でも書いたように、自分達は良くても子供に引き継ぐ際などにあまり良くない事が起こる可能性もありますしね…。

関連記事

関連記事はありませんでした

Copyright© 住宅ローン・一戸建て売却体験談ブログ 家売買 , 2018 AllRights Reserved.